サクラなし・ポイントなしで、女性と出会いたい男性の方におすすめの出会系アプリや出会い系サイトをご紹介中です。悪質なサクラの見分け方や、優良出会い系アプリ・無料出会い系サイトの攻略方法などを口コミや評価などを利用して徹底解析しています。本当に出会える優良なサイト・アプリを利用して恋人探しなどに役立てください。

サクラなしポイントなし無料出会い系アプリ・出会い系サイト

無料出会い系サイトの注意点

出会い系サイト規制法とは?正しい知識をつけてトラブル回避

更新日:

出会い系サイト規制法出会い系サイトには、多くの種類があるものの、法律に則った運営をしている所ばかりとは限りません。

しかし、適正な運営を行っている出会い系サイトは、出会い系サイト規制法を守っているために、年齢確認をしっかり行っているわけです。

出会い系サイトを利用する人の中に、18歳未満の児童が紛れ込まないようにするための規制ですから、面倒とは思わずに正しい知識を付けて適切な利用を行なう必要があります。

出会い系サイト規制法の役割となぜ法規制が必要となっているのか理解できれば、援助交際に手を出す行為が悪いことだと理解できるでしょう。

出会い系サイト規制法とは?

出会い系サイト規制法の正式名称は、インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律です。長くて覚えにくいことから、通称出会い系サイト規制法と呼ばれているわけです。

法規制の目的は児童の保護

携帯電話やインターネット通信が普及したことにより、出会い系サイトを利用して児童買春や援助交際が行われる事態が起きました。

児童が性犯罪に巻き込まれないように保護する目的で作られた法律が、出会い系サイト規制法です。

対象となる年齢は18歳未満

保護対象となる児童は、18歳未満となっているので、高校3年生の中には18歳に達している人がいます。

出会い系サイト規制法で保護対象となっているのは、あくまでも18歳未満ですが、大手出会い系サイトの多くは高校生による利用を禁止しています。

インターネット異性紹介事業とは

インターネット異性紹介事業とは、互いに面識の無い異性との交際を希望する人同士を、掲示板やメールにより結びつける事業です。

有料・無料を問わずに繰り返し異性紹介を行なうサービスを提供すること自体が出会い系サイト規制法の適用対象となります。

1対1で連絡が取れることが必要です

掲示板やメールだけでなく1対1のチャットであっても、面識のない異性との交際を目的とする出会いが含まれれば、インターネット異性紹介事業となります。

多数が同時に公開の場でチャットが出来る環境は、含まれない点に注意が必要です。

婚活サイトもインターネット異性紹介事業に含まれる

婚活サイトは、真面目な出会いを目的としているので、出会い系サイトとは異なると考えがちですが、異性との交際を目的として面識のない人同士を結びつけるので、インターネット異性紹介事業です。

サイトが見ず知らずの相手とのマッチングを行なうことに変わりないからです。

出会い系サイト規制法の対象になるサイトの基準

一見すると出会い系サイトに見えるSNSや出会いアプリが、出会い系サイト規制法の対象とならないことは、対象となるサイトに基準があるからです。

どのようなサイトが出会い系サイト規制法の対象となるのか、予め知っておくと良いでしょう。

異性交際を希望している人の情報を掲示板に掲載している

面識のない異性との交際を希望している人が掲示板で募集出来る場所を提供し、掲示板自体が誰でも閲覧できるように一般公開されていれば、出会い系サイト規制法の対象となります。

特定の人限定公開であったり、連絡が取れなければ対象とはならないわけです。

掲示板に掲載された情報からメールによる直接連絡が出来る

異性交際を希望している人の情報を見て、メールによる直接連絡から交際に発展させることが出来る場所が提供されていれば、出会い系サイト規制法の対象となります。

有料・無料は問わずにサービス内容が反復継続していれば規制対象となります。

出会い系サイト事業者に課せられる罰則は?

出会い系サイト事業者に課せられる罰則には次の3種類があります。中身を確認すると分かるように、非常に重い罰則が課せられているので、注意が必要です。

6月以下の懲役か100万円以下の罰金

無届で出会い系サイトの開設・運営を行なった人が罰則の対象となります。

また、直接本人が出会い系サイトを運営していなくても、名義貸しをした人や都道府県公安委員会の指示を受けても無視して運営するなどの違反行為を行なった人も対象となります。

1年以下の懲役か100万円以下の罰金または併科されることもある

出会い系サイトを運営する上で問題となった行為から、都道府県公安委員会の事業停止や廃止命令を受けたにも関わらず出会い系サイトの運営を続けるなどして違反した人が対象です。

30万円以下の罰金

出会い系サイトを行なうための届出書や添付書類に虚偽記載を行なったり、届出内容が変わったにも関わらず変更を届出なかった場合に対象となります。

都道府県公安委員会の求めに応じて報告や資料提出を行わなかったり、虚偽申告を行なった場合にも罰則対象です。

出会い系サイトを利用している人も罰則の対象になるの?

出会い系サイトを利用している人であっても、書き込み内容が児童誘引により買春や金銭対価を渡した場合が罰則対象となります。

100万円以下の罰金となるので、自身の書き込み内容やメール内容に注意が必要
です。

掲示板への書き込み内容でも罰則対象

出会い系サイトの掲示板に未成年であることを知りながら児童相手とする異性交際を誘引した書き込みをすることだけでも罰則対象となります。

金品を渡すことを書き込むことは、明らかな誘引行為と認められるので、取り締まり対象となりやすいです。

メールによる個別交渉記録も罰則対象

掲示板で直接やり取りをしていなくても、プロフィール検索からメールによる個別交渉をサイト内で行なうだけでも記録に残るので罰則対象となります。

具体的に児童相手と知りながら、児童買春や援助交際となるやり取りを行なうだけでも摘発されると理解しなければなりません。

-無料出会い系サイトの注意点

Copyright© サクラなしポイントなし無料出会い系アプリ・出会い系サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.